中学受験に勝つために

よく中学受験は親の受験だといわれます。小学校高学年くらいの子どもが一人で乗り切れるものではないからです。受験に必要なのは学力だけではありません。体調管理やメンタルケア、スケジュール管理も必要です。

親は子どもの様子を把握してフォローしてあげなくてはいけません。そのためには、勉強は親の目の届くリビングですることをお勧めします。難しい入試問題では子どもが一人で考えても解けないものもあります。効率よく問題を解くためにはアドバイスが必要な時もあります。

また、入試は複数の生徒と一緒に受けるので、いつも個室で勉強していると、まわりの様子が気になって問題に集中できなくなる可能性があります。

多少の雑音のあるリビングでも集中できるだけの力をつける目的もあるのです。その点は塾に行っていると心配はありませんが、一人にならないと集中できないという状態にならないことが大切です。中学受験にとってその他にも重要なのが情報収集です。

志望校の特徴、入試問題の傾向や対策、受験者数の予想、合格ラインの見極めはやはり専門家である塾や経験豊富な家庭教師に勝るものはありません。中学受験用のテキストなどはたくさん売っていますが、やはりノウハウを積み重ねた塾や家庭教師の用意するテキストが一番信頼できます。そういった専門家を利用しながら、家で親がしっかりサポートするのが中学受験を乗り切るコツです。